バルトレックスを常備して再発を抑える

ヘルペスウィルスの感染

 

ヘルペスウィルスの感染

ヘルペスウィルスは非常に強い感染力を持っています。症状が出ている部分からどんどん広がっていくときもあります。

 

さらに人から人への感染もします。人から人への感染の場合にも、直接接触しなくても、例えば、タオルや食器などからでも感染します。

 

ヘルペスは重症化すると、歩くことにも支障が出るときがありますので、症状が出たなと思ったらバルトレックスの早めの服用を心がけましょう。

 

症状が出ていない時からバルトレックスを日常的に服用する、ヘルペス抑制療法という再発を防止する治療法もあるので、長年ヘルペスに悩まされている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

性器ヘルペスと口唇ヘルペスとの違い

 

症状が現れる場所の違いで性器ヘルペスと口唇ヘルペスとに分けられますが、原因は同じ種類のウィルスです。ヘルペスウィルス1型は主に口唇ヘルペス、2型は主に性器ヘルペスとなるようです。

 

また、2型のヘルペスウィルスに感染すると、体内に交代ができて、1型のヘルペスウィルスには感染しなくなります。

 

性器ヘルペス